トップへ » すずき歯科の特徴 » 「噛める、しゃべる、飲み込む」のエキスパート。「専門医」「指導医」です

「噛める、しゃべる、飲み込む」のエキスパート。「専門医」「指導医」です

私・すずき歯科院長/鈴木温は「噛める、しゃべる、飲み込む」のエキスパートとして、「日本補綴歯科学会」の「専門医」と「指導医」資格を有する日本でも数少ない歯科医師です。
すずき歯科の特徴

「日本補綴(ほてつ)歯科学会」とはなんですか?
・そもそも補綴(ほてつ)とは?
補綴とは歯を削った部分や歯が抜けてなくなった部分、歯質に大きな欠損がある場合、機能障害を回復するための治療です。具体的には、「被せ物」「入れ歯」「ブリッジ」、あるいは「インプラント」などのことを指します。

・日本補綴(ほてつ)歯科学会とは?
この補綴(ほてつ)による治療に使う新しい材料や治療技術を開発、研究している学会であり、補綴の学会では日本で最も信頼されている学会のことです。院長は、その日本補綴歯科学会に所属していることはもちろん、「専門医」「指導医」といった資格を持つ歯科医師です。

・「専門医」「指導医」になるためには?
専門医や指導医になるためには、解剖学や病理学などの基礎医学、学会での発表・論文の発表など、多くの厳しい選考基準が存在します。

特に指導医は、学会が認める最高の資格であり、専門医を指導する責任ある立場です。補綴の指導医は全国の歯科医10万名中、僅か640名しかおりません。中でも四国には、たった20人ほどしかいません。

つまり、補綴専門医・指導医ということは、
「被せ物」
「入れ歯」
「ブリッジ」
「インプラント」
などに精通している歯科医師と言えるわけです。

四国を代表する歯科医師
・徳島大学歯学部第一期生として、四国の歯科医療を支え続けています
私は徳島大学歯学部の第一期生。歯学部の最初の卒業生です。当時は本当に苦労しました。なんといっても、お手本となる先輩たちが全くいませんから、勉強も手探り状態。そのため、当時の苦労を共にしてきた仲間とは今でも繋がりが強いです。

徳島大学歯学部臨床教授を務めています
また、2009年から、母校である徳島大学歯学部の臨床教授を務めています。歯学部の学生を学外の医院で実習させるために指導に当たる協力ドクターのことです。

臨床教授になるためには、大学からの推薦や、長年の臨床の経験が必要です。徳島県内では、徳島大学歯学部の臨床教授は、わずか10人未満。もちろん、臨床教授だからすごい!というワケでは無いのですが、実績と経験を大学からも評価されている、というひとつの目安にはなるかと思っています。

年間30~40の学会・講習会・セミナーに参加
近年の歯科業界の進歩はめざましく、ちょっと勉強をしていないと、すぐに取り残されてします。そこで、私は定期的に徳島・東京・大阪・神戸などの県外の勉強会に参加。その数、2011年度は年間約30回以上にものぼりました。

特に最近では、インプラント先進国である「韓国」に行って勉強することも多いです。韓国は御存知の通り、美容関連には非常に関心の高い国。インプラント治療も同様です。そのため、インプラント症例数が多く、その医療技術は本当に目覚ましいものがありますね。

サージテルサージテル(歯科用拡大鏡)
精密な歯科治療では、裸眼では見ることができない精密さが要求されます。当院では、サージテル(歯科用拡大鏡)を使うことで、「精密な治療」を実現しています。

<サージテルが活躍する歯科治療>
・虫歯治療
・歯周治療
・審美歯科治療
・根管治療
・インプラント

<サージテル(歯科用拡大鏡)の特徴>
●スピーディーな診療
歯の状態を的確に把握することができますので、治療スピードが向上します。

●治療の精度が上がる
見えにくいところまでシッカリと見ることができますので、治療精度が向上します。

●治療の成功率が上がる
結果的に、歯科治療の成功率が格段にアップします。


トップへ » すずき歯科の特徴 » 「噛める、しゃべる、飲み込む」のエキスパート。「専門医」「指導医」です


コールバック予約

PAGE TOP