トップへ » すずき歯科の特徴 » インプラント » 【当院の特徴1】四国へのインプラント導入を行ったパイオニア

【当院の特徴1】四国へのインプラント導入を行ったパイオニア

院長は徳島大学時代、1992年に口腔外科の宮本洋二先生(現徳島大学歯学部口腔外科教授)とともに徳島大学歯学部にブローネマルインプラントを導入した四国におけるインプラントのパイオニアです。

当院の特徴また、退職するまですべての手術に執刀医または助手として携わるとともに、外来医長、講師として多くの難症例の治療を手がけてきました。

現在は日本補綴歯科学会の専門医・指導医でありブローネマルクシステムのノーベルバイオケア社公認インストラクターを務めております。


トップへ » すずき歯科の特徴 » インプラント » 【当院の特徴1】四国へのインプラント導入を行ったパイオニア


コールバック予約

PAGE TOP