トップへ » すずき歯科の特徴 » 矯正歯科治療 » 【子供の歯並びの治療で使用する装置】

【子供の歯並びの治療で使用する装置】

「お口が小さいのに永久歯が大きいかも...」
「萌えてきた前歯がつんでいる」
「糸切り歯が八重歯になりそうな気がする」
「咬み合わせが受け口になりそう...」

こんなことが気になりませんか?当院では、お口の成長途中のお子様に、顎やお口まわりの筋肉の発達を活かした「咬み合わせの誘導」を行っております。いわば歯並びの「早期初期治療」「予備矯正」です。

ムーシールド
お口まわりの筋肉をトレーニングして、受け口の咬み合わせを正しい方向に導く装置です。3才から使用できる、お口のまわりの筋機能を訓練し、咬み合わせを正常に導く装置です。

ムーシールド【使用期間】
約1年を目安に使います。

【使用方法】
●基本的には夜、寝ているときに使います。
●装置をお口に入れ、舌を持ち上げて装置の中に入れます。舌を上げる訓練となり、舌が下の前歯を押すことを防ぎます。
●お口を閉じてつばを飲み込みます。オトガイに梅干しができることが大切!下唇とオトガイ部の筋肉を鍛えて強くします。

床装置
ご自身で着脱可能な床装置を着けて
ねじを回すことで、歯を移動させます。

床装置【装置はいつ着ける?】
●食事、歯磨きの時は外しましょう。
●国語、英語、音楽など発音に影響する授業の時は外してもかまいません。
●それ以外はできる限り装着することが大切です。
●寝ているときも着けてください。
●1日に12~14時間以上着けることが効果を発揮するために必要です。

リップバンパー
唇や頬の筋力でワイヤーを押して、
奥歯を動かすことで歯が並ぶスペースを作る装置です。

リップバンパーリップバンパーは、1本のワイヤーを歯ぐきの間の溝に入れ、奥歯のチューブに差し込みます。唇や頬がワイヤーを押すことによって、奥歯を後方へ動かして前歯の並ぶ隙間を作ります。唇や頬や舌の筋肉が再教育され、歯はより調和のとれた位置をとるようになります。

このような装置を使うことによって

●歯並びや咬み合わせが改善されます
●お口まわりの筋機能が改善されます
●将来、本格的な矯正が必要になるときも、難しい症例が易しい症例へと改善されます


トップへ » すずき歯科の特徴 » 矯正歯科治療 » 【子供の歯並びの治療で使用する装置】


コールバック予約

PAGE TOP