トップへ » すずき歯科の特徴 » 根管治療 » 歯の根はどうなっているの?

歯の根はどうなっているの?

歯の根はどうなっているの?根の中には神経や血管が通っていて(歯髄)、虫歯菌や歯周病菌に感染すると炎症を起こします。

なぜ歯の根を治療するの?
歯の根が炎症を起こすと、多くの場合強い痛みが出て、神経は自力で回復できずに壊死してしまいます。そのため、菌や壊死した神経、感染した歯質を取り除く必要があります。

以前に根の治療をした歯でも、お手入れを怠ると根は再び感染します。その時はもう一度根の治療を行う必要があります。

根の治療はどのようなことをするの?
【1】炎症を起こした神経や感染した歯質を取り除ききれいにします。

【2】きれいになった根の中を樹脂で密封して外界と遮断します。

根の治療を終えた後は? 
残った歯の状況によりますが、土台の心棒を建てて冠を被せることが多いです。
      

【1】根の治療中は、処置やお薬の影響で、硬いものを咬んだり歯ブラシなどが当たったりすると響くことがあります。できるだけ安静にしましょう。

【2】歯をきれいにするため回数がかかります。中断すると炎症がぶり返し歯が更に悪くなるので、必ず続けて治療に通ってください。

【3】根を樹脂で詰めると1~数日違和感が出ることがありますが、中がきれいになっているので必ずおさまります。


トップへ » すずき歯科の特徴 » 根管治療 » 歯の根はどうなっているの?


コールバック予約

PAGE TOP