トップへ » すずき歯科の特徴 » インプラント

【インプラント】自分の歯と全く遜色のない新しい歯を作る治療法

インプラントとは本来埋め込むという意味の言葉ですが、歯科では顎の骨に人工歯根を埋め込むことまたは人工歯根そのものを指します。
インプラント

インプラント治療とは失われた歯の代わりにチタン合金の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック等の人工歯を取り付けることによって、自分の歯と全く遜色のない新しい歯を作る治療法です。

インプラントはこんな方におすすめです
●抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
●ブリッジをするために健康な歯を削りたくない
●入れ歯を使うのに抵抗がある
●入れ歯が合わない
●入れ歯の着脱がわずらわしい
●入れ歯が気持ち悪くて装着できない
●交通事故の外傷などで歯を失ってしまった

【当院の特徴1】四国へのインプラント導入を行ったパイオニア

院長は徳島大学時代、1992年に口腔外科の宮本洋二先生(現徳島大学歯学部口腔外科教授)とともに徳島大学歯学部にブローネマルインプラントを導入した四国におけるインプラントのパイオニアです。

当院の特徴また、退職するまですべての手術に執刀医または助手として携わるとともに、外来医長、講師として多くの難症例の治療を手がけてきました。

現在は日本補綴歯科学会の専門医・指導医でありブローネマルクシステムのノーベルバイオケア社公認インストラクターを務めております。

【当院の特徴2】卓越した臨床実績のあるブローネマルクインプラント

安心、安全かつ最先端であることをモットーに、安かろう悪かろうの粗悪なコピーインプラントや厚労省の認可のない生体材料は一切使用しておりません。

当院の特徴当院では40年以上、100万人以上の卓越した臨床実績(15年で95%以上の成功率)を有することから、"King of Implant"(インプラントの王様)と称されているブローネマルクインプラントを用いています。

【当院の特徴3】多彩なアバットメント・上部構造をご用意

患者さまの口元の状態やご要望に応じられるよう、多彩な上部構造(人工歯)や、歯とインプラント体をつなぎ止めるアバットメントをご用意しております。

アバットメント
インプラント体の上にスクリューで固定されます。従来のスナッピーアバットメントの他に、材質的に優れているチタンアバットメントと白く審美的なジルコニアアバットメントがあります。ネジ止め式の上部構造を取り付けるアバ ットメントはアバットメントの上にさらにネジが切ってあります。
スナッピーアバットメント チタンアバットメント ジルコニアアバットメント

上部構造上部構造(人工歯)
材質的にはジルコニアオールセラミックス、メタルセラミックス、ハイブリッドセラミックス、プラチナゴールド、硬質レジンを用意しております。固定方法は、1本のみの場合はセメント仮着、複数歯の場合はセメント仮着またはネジ止め式、All-on-4はネジ止め式です。

【当院の特徴4】CTを使った安心・安全なインプラント治療

当院では歯科用CTを必ず事前に撮影を行い、安心・安全なインプラント治療を行っております。

いわゆるレントゲンは平面図であり、骨の高さと幅はわかりますが、厚みはわかりません。そのため骨の下にある神経や血管を傷つけてしまうリスクもゼロではありませんでした。

しかしCTを使用すれば、3次元的な顎の骨の形と骨密度がわかります。どれだけの骨があるかを診断したうえで、埋め込むインプラントの長さ、太さ、形態を選択します。こうすることで、安心・安全なインプラント治療が可能となるのです。

【当院の特徴5】ご要望により無痛治療も可能です

侵襲の大きな手術(骨を造成する手術など)は徳島大学の日本歯科麻酔学会専門医による静脈鎮静(点滴をしながら眠り薬を使う)をします。

うつらうつらしている状態で手術を行いますので、大変楽に手術を受けることができます。

【当院の特徴6】他院でインプラント治療を断られた方へ

インプラントを埋め込むだけの十分な骨がない場合は
治療をあきらめないといけないのでしょうか?
答えはノーです。

今日では様々な方法を使って骨を造成することが可能となっています。

またその際、大がかりな骨を造成する手術(インプラントを埋める部分とは別の場所から骨を採ってきて移植するような手術)は日本口腔外科学会指導医(堀内克啓先生、奈良県開業、大阪大学歯学部臨床教授。日本口腔外科学会指導医、日本歯科麻酔学会専門医)とともにチームを組んで治療に当たっています。

【当院の特徴7】10年間保証をいたします

当院では皆様に安心してインプラント治療を受けていただくために、
インプラント体については非喫煙者の方は10年間保証、
喫煙者の方は5年間保証を実施しています。

当院の特徴但し、手術前1週間・手術後2週間の禁煙のできない方は保障の対象外とさせていただきます。上部構造については5年間保証を実施しています。

保証については、下記の場合には保証期間中であっても一部、又は全部が有料となりますのでご注意下さい。

●あなたの重大な不注意、外傷など、明らかに当医院の責任でない場合
●無理な使用や当院の指示に従わない状態での使用(リコール(定期検診)に応じてくださらない場合もこれに相当します。)
●診療時に全く予想ができない変化が、口腔内におきた場合

【当院の特徴8】オペコーナー完備

当院の特徴当院では外科手術用のオペコーナーを完備しております。設備の整った「専用オペコーナー」でインプラント治療をする事で、以下のような多くのメリットがあります。

●術中に起こり得る感染のリスクを最大限排除できる
●半個室でオペコーナーにしているため、治療に専念できる環境が整っている
(影なく手元を照らす無影燈などの設備も完備しています)
●術中に起こり得るあらゆるリスクに即対応できる

インプラント治療の流れとは

インプラントの治療期間はトータルで3~10か月ほどかかるのが一般的です。

精密検査と治療計画の確認
インプラント治療を行うために必要な現在の状態を確認します。骨の強度が足りない人は、ここで造骨手術などの相談も行います。

次へ

1次手術
1次手術で歯ぐきを開いて、歯の土台となるインプラントを埋め込みます。

次へ

定着期間
インプラントが骨と結合して定着するまで、約3~6か月ほど時間をあけます。

次へ

2次手術
インプラントが定着したところで、「アバットメント」と呼ばれる連結部分の装着手術を行います。

次へ

人工歯の装着
インプラントの上にかぶせる人工歯を作り、被せます。

インプラント治療「ノーベルガイド」

インプラント治療に関する説明「ノーベルガイドシステム」についてご紹介します。

まず、患者さまのCT撮影のデータを基に、顎の形や歯ぐきの形を完全に再現した3Dデータを作成します。
そのデータからインプラントを埋め込むために最適な位置・角度・深さ、またインプラントの太さ等をコンピューターシュミレーションで正確に計算します。と共に、サージカルテンプレートを作成し、安全で正確な治療が行えるようにしております。

当院ではインプラントオペの前にこの作業を行い、患者さまへの治療のリスクを最小限に抑えられるようにしております。

※サージカルテンプレート...インプラントを埋め込む位置を導いてくれる医療器具で、その通りに歯ぐきに穴をあけるだけで、正確にインプラントを埋め込むことができ、切開を最小限に抑えられるので、術後の腫れ・痛みも最小限に抑えられます。

インプラント治療「ノーベルガイド」の動画をご覧ください。(音声はありません)

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » すずき歯科の特徴 » インプラント


コールバック予約

PAGE TOP