トップへ » すずき歯科の特徴 » 虫歯治療

【虫歯治療】痛くない治療とできるだけ削らない治療

歯が痛くなってからご来院される患者さまにとっては、治療でまで痛い思いをしたくないものです。また、治療で「ガリガリ」と歯を削られるのは、嫌なものです。
虫歯治療

そのため、当院では「痛みの少ない治療」「できるだけ削らない治療」を行っています。

このページでは、当院の虫歯治療についてご紹介します。

【当院の特徴1】痛みの少ない治療を目指します

当院では、しっかりと麻酔をかけて治療を行いますので、治療の痛みはほとんどありません。また、治療前の麻酔そのものの不快感も取り除くようにしています。

痛みの少ない治療を目指す麻酔の痛みそのものも軽減
歯科治療では、痛みを抑えるために、「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

表面麻酔とは、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させるために行う麻酔法のこと。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。

麻酔薬の注入時にも、高度な技術を使います
麻酔の針の刺さる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。長年の診療経験を活かしたテクニックにより、ゆっくりと麻酔注入。麻酔を入れるときの、痛み・不快感を抑えています。

【当院の特徴2】できるだけ削らない治療を目指しています

当院では、「ミニマムインターベンション」の考えに基づき、できるだけ削らない治療を目指しています。

できるだけ削らない治療歯というものは、血が通っている組織は元に戻りますが、歯そのものは元に戻ることはありません。また、一度削ってしまうと、そこから虫歯になることも多く、削る・削る......を繰り返し、最終的には「抜歯」となりかねません。

そうしたストーリーをできるだけ防ぐために、当院ではできるだけ削らない治療を行っております。削る場合でも、本当に最小限削るのみに留め、かなり慎重に進めていきます。あの「ガリガリ」という行為をできるだけ減らしていきたいと考えております。

ただ、今後のことを考え、どうしても大きく削る必要がある場合は、必ず患者さまの承諾を得た後、治療を行うようにしています。

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

Co(シーオー:初期う蝕、要観察歯)
歯が溶け始めて虫歯が始まっている状態です。まだ穴が開いていたり、黒くなっていたりはしません。

【治療方法】
フッ素入りの歯磨き粉を使ってきちんと歯磨きをすることで、再石灰化可能

 C1(エナメル質う蝕)C2(象牙質う蝕)C1(エナメル質う蝕)
虫歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴が開いた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。

【治療方法】
必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物を入れる

C2(象牙質う蝕)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

【治療方法】
-虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了
-虫歯が歯の深部まで広がっている場合は患部を削り、詰め物を製作して装着

 C3(神経まで達したう蝕)C4(残根状態)C3(神経まで達したう蝕)
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死ししてしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯茎が大きく腫れたりします。

【治療方法】
-根管治療が必要。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除く

C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

【治療方法】
-ここまで進行すると抜歯するケースも
-治療可能な歯質が残っていれば、根管治療となる

※患者さまのお口の中の状態により、治療内容やその後のケアの内容が異なる場合もございます。

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » すずき歯科の特徴 » 虫歯治療


コールバック予約

PAGE TOP